高校中退・中卒からの通信制大学挑戦日記-Eurekaweb

もがき続ける中年女性。金なし、コネなし、志あり。将来は落語でいうとなんでも知ってる江戸のご隠居さんを目指しています。

完全朝型生活-朝5時起きでなんでもできるの?-

最近は毎朝5時に起きることを習慣としている。通勤に2時間かかるので、朝活は厳しいかなと思っていたのだけれども、やはり朝は1番頭がクリアで勉強もはかどるので、0度を下回って布団から出るのはほんとに辛いが、何とか習慣になってきた。

 

5時に起きた後、まず英文法のドリルを一章。その後に英語の音読をして、アルクのTOEIC超入門講座の音声を聞く。これで大体5時45分。それから簡単な朝食を済ませて、余った時間は読書をする。最初に計画を立てた時は、もっと詰め込んでいたのだけれども、集中力には限界があるし、大体このペースが良いような気がしてきた。

読書が終わると、6時25分からNHKでやっているテレビ体操にチャンネルを合わせる。そこからラジオ体操。小学生の夏休みに嫌々やっていた思い出しかないけれども、いざ大人になってから本気でやってみると、普段からパソコンばかり使っていて凝り固まっている肩や背中の筋肉ほぐされて気持ちが良い。

朝方にすると調子が良いと言う事は、数年前にまとめて情報処理系の資格を取った時に気づいた。限られた時間で集中的に勉強できたおかげで、難易度が高いものではないけれども、3ヶ月で2つの資格が取れた。

とは言え疲れていると、布団でごろごろ1時間ちかく過ごしてしまい、無駄な時間を過ごしてしまったなぁと自己嫌悪に陥るときもあるのだけれども、とにかく布団から飛び起きて勉強ができると、自分への信頼感も増して気持ちよく1日が過ごせることがわかってきた。

電車に乗ってからは、タブレットで新聞を読む。朝は見出しだけ簡単にチェックして、その後は興味のある分野の本をじっくりと読む。それもやはり30分程度で集中力が途切れてくるので、そんな時はゆっくり音楽を聴いたりSNSをチェックしたり、細切れの時間で直接勉強とは関係ないけれども、自分のやりたいことを楽しむ。

生活習慣が定着するまでは約3週間だと何かの本で読んだことがある。しかしこれも難しいもので、定着したと思っても何かのきっかけでペースを崩してしまうこともある。私の場合は特に生理前になると情緒不安定になり、眠気がひどかったりするのでこの時がほんとに辛い。ただそれも長くても1週間程度なので、その時はもう割り切って睡眠をしっかりとるようにしている。

ちなみに夜は遅くても10時までには就寝している。家に着くのは8時前なので、ご飯を食べてお風呂に入って眠るだけの生活。夕食を作るのは夫担当してくれているし、子供たちも私が朝早く起きていろいろこなしているのをわかっているのでゆっくり話をするのは週末と割り切っているようだ。私はそういう協力的な家族がいると言う面では本当に恵まれていると思う。

休日も朝は6時ぐらいに起きる。休日の場合は9時ぐらいまで勉強したり、仕事の整理をしたりして過ごしていると家族が起きてくるのでゆっくりご飯を食べて、買い物に行ったり家族との時間を楽しむ。今懸念しているのは、大学の勉強が始まった時にどの時間に勉強するかということ。英語の勉強はずっと続けて行かなきゃいけないし、終わりがないので少し配分が減るけれども毎日30分でも勉強して、残りの時間を大学の勉強の時間にあてたいと思う。

 

ついこの間までは特に目標もなくて、お酒を飲むのも大好きで朝まで飲んでしまうなんてこともあったけれども、今のこの快適な気持ちを考えたらもうそういう事はないんだろうなと思う。このまま朝型生活で心地よい暮らしをしていこうと思う。